FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年度

4月に入り新年度となりました。
新入学であったり、新入社員であったり、
新生活となり、環境が変わった方も数多くいるのではないでしょうか。


今年も日経新聞(4月1日)に
伊集院静氏のサントリーの広告が掲載されました。

昨年も紹介させていただきましたが、
今年の文章も素晴らしかったので、
ご紹介させていただきます。


「挑め。失敗しても起き上がり、また挑め。」

新社会人おめでとう。
今日、君はどんな職場に立ったのだろうか。
どんな仕事であれ、そこが君の出発点だ。
すぐに目を瞠るような仕事をしなくていい。
本物の仕事はそんな簡単なものではない。
すぐに役立つものはすぐに役に立たなくなる。
それでも今、君たちに社会の皆が大いなる期待をしている。
どうしてだかわかるか。それは新しい人でなければ新しい道は
ひらけないんだ。そのことは私たちの歩んできた道を振り返ればわかる。
百の新しい道には百の歩み方があった。
しかし共通していた点がひとつある。
新しい人が、毅然と、困難なものへ挑んだことだ。
何度も失敗を繰り返したんだ。でもあきらめなかった。

挑め。失敗しても起き上がり、また挑め。
失敗をおそれるな。笑われても、誹られても、挑め。
困難に立ちむかう人間の生き方の中には真理がある。
己のためだけに生きるな。仕事は誰かのためにやるものなのだ。
それが仕事の品性だ。生きる品格だ。
疲れたら、夕暮れ、一杯の酒を飲めばいい。
酒は、打ち砕かれたこころをやさしく抱いてくれるものだ。
一杯がこころを抱いてくれる。

伊集院静



個人的には、

『すぐに役立つものはすぐに役に立たなくなる。』や、
『仕事は誰かのためにやるものなのだ。それが仕事の品性だ。』
ってところが好きです。

初心忘るべからず。

渡邉
s-20150401_083514.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

鈴木会計 STAFF

Author:鈴木会計 STAFF
FC2ブログへようこそ!

画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
べんぴねこボタン
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。